必要以上に借金をしない

いわゆる『任意整理』の他にも、私達には本来持っている借金を解決する方法があります。任意整理には、そのほかに、『民事再生』、そして『自己破産』という方法があります。それらの方法は、借金の金額そのものを減らすことが出来るという方法です。本来借金の金額はそれら全額を納めてはじめて返済しきった、といえますが、それらの金額がどうしても支払えない状況というのも発生し得ます。

特に、何重にも借金が重なっている場合です。多重債務に陥っている場合、そしてその理由が『ギャンブル』などの理由に基づいている場合、『民事再生』によって、本来の借金を大幅に減額することができるかもしれません。また、自己破産という方法は、家などの財産を手放す代わりに、借金を全て帳消しに出来るという方法です。これはギャンブルでの借金には適用出来ませんが、借金問題を根本から解決するための良い方法と言えます。

現代にも、借金問題で悩まれている方が私達の知らないところでも多くおられると思われます。そういった方々には、ぜひ債務整理という方法があるということを知っていただき、それによって少なからず心労が減り、返済に関して明るい見通しができるということを実感していただければと思います。

債務整理という手段

さて、借金が増えすぎて、その借金を返そうとしてまた借金をしてしまう…そういった『火の車』状態になってしまった時、私達自身にはそれらに対応するどんな対応を行う必要があるのでしょうか。もちろん、解決に向けてより尽力することが必要となりますが、ある人は解決するのが嫌になってしまうほど、その問題に関して考えることを止めてしまうこともあります。

たとえどのような生活をしていたとしても、お金がないという現実を受け入れることができずに、借金問題に関しても考えることを止めてしまうことがあります。しかしそれは、その人のためにはなっていません。そして、問題を根本的に解決することにはなっていないでしょう。そこで、債務整理という、いわば『最終手段』とも言える方法について、考えてみてはいかがでしょうか。債務整理には、どのような利点があるのでしょうか。またそれを、どのように実践することができるでしょうか。

債務整理は、本来返済が滞っていると、請求がいつまでも来てしまいますが、手続きをおこなうことによって、それらの請求を止めることができます。また、本来であれば一括支払いを行わなければいけないところを、債務整理によって、分割払いにすることができます。

借金のデメリット部

生活の中で、いわゆるデメリットと思えるようなことは出来るだけ避けながら生活するというのが私達本来の生き方かもしれません。もちろん、そういった中でデメリットに全く直面しないという人はほとんどいないでしょう。それが、お金というものが関係してくる場合には、特にそうであると言えます。

皆さんはお金の問題についてどのように考えているでしょうか。例えば生活するためにお金が必要になって、どこかからかりなければならないと思えることがあるとします。そういった場合に、確かに借りることは一時的な苦しみを回避することができるかもしれません。しかし、生活そのものは変わっていませんから、根本的な解決には至っていません。借金という言葉を、どのように考えているか、それが借金そのものの用い方、活用の仕方に影響してくると言えます。

特定の消費者金融や銀行から借金をするとき、人から借りるのとでは異なっているのが、あらかじめ『金利』を取るということです。100万円借りたとして、分割で3年後に全て支払うとしたとき、実際にその利率によって変動しますが、確実に100万円を超えることになります。そういった利子の問題に関しても考えることができます。

借金-誰もが陥り易い問題

完全に私達自身のことと言えば体が良いですが、自分の責任で招いてしまったことがたくさんあるときに、どのようにそれに立ち向かって良いのかが、分からなくなってしまうことがあります。時に、それらの感覚が、私達自身にも分からなくなって、行き詰まったように感じてしまうことがあります。その重みにたえられず、自分で死を選んでしまう人もいるほどです。

私達はそのような状況に陥りたいとは思っていません。同時に、できる限りの対策をして、最悪の状況だけは回避したい、と思っています。そういった状況を回避するために、出来ることがたくさんある中で、いわゆる『借金』問題に関しても、同様のことが言えます。借金問題は特に誰もが陥りやすい問題であると言えます。借金は一度行ってしまうと、それが癖になりやすいのです。だんだんと感覚が鈍っていき、自分が借金をしているということもあまりたいしたことではないように感じてしまうことがあります。そういった事態に陥ってしまうと、返済能力なども無くなってしまい、しまいには返済が滞り、それを返済するために新たな消費者金融に手をだす…そういったことになってしまうこともあります。

そういった借金問題は大きな問題であるからこそ、よりベストな方法で解決したいと思っているでしょう。もちろん、自分で解決しなければなりませんが、そこにはいわゆる法律のプロ、弁護士の手が入っても良いかもしれません。そこで、今回は借金問題とその解決について取り上げます。